part4 特別栽培米とは

今、丹波篠山は、一面「植田」です。
若い稲が安定するように水をなみなみと張った田んぼは、 初夏の明るい陽光のもと、若緑色に輝いています。

今年のテーマは・・・安全で美味しい!!

当店では、数年来、生産者の方々に、化学肥料から有機肥料への転換、除草剤散布回数の低減、防虫剤 の散布取りやめなどをお願いし、品質の保証できるお米を提供して参りました。
今年度より、契約農家の方々と、安全で美味しい特別栽培米の販売に向け、農水省のガイドラインに  基づくお米作りに取り組みます。
特に、今回は、除草剤、防虫剤などの農薬を一切使用しないで、有機肥料のみでの栽培にチャレンジします。
(秋には、《有機栽培でまったく農薬を使っていない玄米》として収穫後販売を予定しています。)

特別栽培農産物(特別栽培米)とは

生産の原則
農業の自然循環機能の維持増進を図るため、化学合成された農薬及び肥料を低減することを 基本として、土壌の性質に由来する農地の生産力を発揮させるとともに、農業生産に由来する 環境への負担を出来る限り低減した栽培方法を採用して生産することを原則とする。

特別栽培農産物(特別栽培米)と表示できるもの
農産物が生産された地域の慣行レベル(各地域の慣行的に行われている節減対象農薬及び 化学肥料の使用状況のこと)に比べて、以下の双方を満たして栽培された農産物。

  1. 節減対象農薬の使用回数が50%以下
  2. 化学肥料の窒素成分量が50%以下